商品情報

 

容量

750ml

アルコール

13.5%

ヴィンテージ

2009年

味わい

ライトボディ ☆☆☆☆★ フルボディ

特徴

リオハ(DOCa):特選原産地呼称認定

レゼルバ:48ヶ月熟成 (内24ヶ月の樽熟成) 

受賞歴

92点獲得 ギア・ペニン(スペイン)

92点獲得 ギア・ABC(スペイン)

金賞 ベルリン・ワイントロフィー(ドイツ)

93点獲得 レプソル・ワインガイド(スペイン)

金賞 セレクションズ・モンディアレス・デ・ヴィンズ(カナダ)

金賞 ムンダス・ヴィニ(ドイツ)

生産者

ボデガス・フランコ・エスパニョーラス社(Bodegas Franco Espanolas S.A.)

生産地

スペイン > ラ・リオハ州 > リオハ・アルタ > ログローニョ(Logrono)

ブドウ品種

テンプラニーリョ(70%)、グラシアーノ(15%)、マスエロ(カリニェナ)(15%)

推奨提供温度

16〜18℃

食事

キャセロールやシチュー、グリル・バーベキュー・ロースト各種の肉料理

 

ワイナリーの創業を支えたフランス人へ捧げたトリビュートワイン

フランス人とスペイン人が共同で創業したフランコ・エスパニョーラス社。このワインはその当時を支えたフランス人へ捧げる目的で作られた特別なワイン。
 
スペインワインの象徴であるテンプラニーリョに、グラシアーノ、マスエロのアッサンブラージュをフレンチオーク樽で熟成。創業当時のワイナリーの様子を映したラベルの希少なヴィンテージ。
 
選定されたブドウは実と茎が取り分けられ軽く潰された後に発酵される。その後9日間をかけてマセレーションされ、その平均発酵温度は24℃。熟成はフランス・アリエ県産のオーク樽で24ヶ月行われ、瓶詰めの後さらに24ヶ月の瓶熟成へと移る。
 
テンプラニーリョ、グラシアーノ、マスエロが最高品質のフレンチオーク樽で奏でるハーモニーはふくよかで丸みのあるボディ。チェリーレッドにガーネットの色調を併せ持つ。熟した果実、スパイス、トースト樽の香り、さらにはコーヒー香も感じられる。なめらかで円熟味があり、舌触りも良い限定の銘柄。