スクティニス(ミードネクター / Alc.50%)
スクティニス(Alc.50%)
500mL グラスボトル

※当社規定のワイン箱での発送となります
 
スクティニス(Alc.50%)
40mL ミニグラスボトル

*割引送料対象商品 (詳細は送料ページ参照)

商品情報

 

名称

Suktinis(スクティニス)

酒類

ミードネクター(日本では「リキュール」に分類)

容量

500ml(グラスボトル) & 40ml(ミニグラスボトル)

アルコール

50%

特徴

リトアニア国家遺産指定(Lithuanian heritage)

リトアニア料理遺産指定(Culinary heritage)

受賞歴

プロダクト・オブ・ザ・イヤー賞(2004年/リトアニア)

金賞 アグロバルト(バルト三国食品国際展示会/リトアニア)

生産者

リエトゥヴィシュカス・ミドゥス / UAB Lietuviskas Midus

生産地

リトアニア > カウナス郡 > スタクリシュケス

主原料一覧
     

蜂蜜、水、ハーブ(リンデン(菩提樹)、ジュニパーベリー、ホップ、タイム、クローヴ、ポプラ、カモミール、オーク、黒コショウ、オールスパイス、月桂樹の葉、シナモン、ディル、ミント)、ブルーベリー、カシス、赤スグリ

*本製品は着色料を使用していないため長期間保存すると色合いが変化する場合があります。
直射日光を避けて保存して下さい。
 

 

蜂蜜とハーブ14種のリキュール

「スクティニス(ミードネクター)」は国産の蜂蜜とハーブ14種の蒸留酒をベースにしたアルコール50%のお酒。その製法は複雑で「ミードネクター」というこのお酒を分類するためのカテゴリがあるほど。原料に蜂蜜を用いた個性的なお酒としてリトアニアの国家遺産に指定されています
 

大自然がもたらすミネラル豊富な水

国土の98%が農地と森林に覆われ、湖の数は4000以上と言われる大自然の国リトアニア。また、隣国ベラルーシを水源に国内を横切ってバルト海まで900km以上を流れるネマン川(リトアニア語ではネムナス川)は有名で、醸造所の近くでは天然ミネラルウォーターが湧き出ていてミネラルを豊富に含んだ硬水の水源です。醸造所のあるスタクリシュケス地方もその恩恵を充分に活かし、蜂蜜やハーブのピュアな味わいを引き出しています
 

ルビー色でアルコール度数は50%

製造過程のミードと、それを蒸留したもの、さらにはジンの原料としても知られるジュニパーベリーなどのハーブと共に精留された蒸留酒をベリー果汁と混ぜたもの、それぞれ特別な工程を経て造られた原料を混合し、それを特殊な技術を用いて貯蔵・ろ過することで完成。淡いルビー色でハーブ由来の芳醇な香りと蜂蜜の甘さが融合した「ミードネクター」は、発酵酒、蒸留酒、果汁を混合した世界的にも極めて珍しいリキュールです
 

飲み方もさまざま

蜂蜜リキュールのミードネクター「スクティニス」はアルコール度数50%と高めですが現地では当然ながらショットで飲まれていますので、お酒好きな方にはぜひ香りもそのまま楽しめるショットで、ボトルごと冷凍庫でしっかり冷やしてアイスコールドショットもオススメです。さらに日本の皆さんに提案したいのは炭酸水、トニックウォーター、サイダーなどお好みの甘さの炭酸で作る桜色のソーダ割りです。見た目も楽しめてユニークな香りも広がる自宅で手軽に作れるカクテルです。さくらんぼなど季節のフルーツを入れて彩るのも良いですね。柑橘系との相性も抜群なのでクランベリージュースやオレンジジュースなどで割っても飲みやすくなります。
 

カクテルベースとして

少し上級者向けの使い方としては、香り付けのリキュールとして普段作っているカクテルのリキュールをミードネクターで代用したり、追加して香りを足したりすればあなただけのオリジナルカクテルが誕生するはずです。
 

焼き菓子や料理にも最適

ブランデーやラム酒がパウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子に使われるように「ミードネクター」も焼き菓子の風味付けに最適。デザートとの相性も良くテキーラやウォッカのように冷凍庫で冷やしてとろみを付けそのままバニラアイスにかけるだけでも大人のデザートが楽しめます。蜂蜜が肉料理のコクや甘みを引き立てるように肉や魚のグリルとも相性が良く、風味付けに役立つ料理酒としてもレパートリーは広がります
 

リトアニア伝統舞踊の名を冠した銘柄

リトアニアの伝統的な踊りスクティニス(Suktinis)の名を冠する銘柄で、その由来はリトアニア語の「回る」(Suktis)という単語にあります。お互いの同じ側の肘を引っ掛けてクルクル回るスクティニスの踊りを表現するのにぴったりな単語であると共に、飲んで酔って目が回るという意味にも取れるこの銘柄をよく表している名前だと言えます。
 
 

アジア初上陸記念キャンペーン
ページトップへ