スタクリシュケス(ミード / Alc.12%)
スタクリシュケス(Alc.12%)
500mL グラスボトル

※当社規定のワイン箱での発送となります
 
スタクリシュケス(Alc.12%)
40mL ミニグラスボトル

*割引送料対象商品(詳細は送料ページ参照)

商品情報

 

名称

Stakliškės(スタクリシュケス)

酒類

ミード/蜂蜜酒

容量

500ml(グラスボトル) & 40ml(ミニグラスボトル)

アルコール

12%

特徴

リトアニア国家遺産指定(Lithuanian heritage)

英国王室特許レシピ

リトアニア料理遺産指定(Culinary heritage)

EU地理的表示保護(PGI)指定

受賞歴

金賞 アグロバルト(バルト諸国産農業食品産業国際展示会/リトアニア)

銀賞 ビール&ウィスキーフェスティバル(スウェーデン)

生産者

リエトゥヴィシュカス・ミドゥス / UAB Lietuviskas Midus

生産地

リトアニア > カウナス郡 > スタクリシュケス

主原料

蜂蜜、水、リンデン(菩提樹)、ジュニパーベリー、ホップ

*本製品は着色料を使用していないため長期間保存すると色合いが変化する場合があります。
直射日光を避けて保存して下さい。

 
 

リトアニアミードは蜂蜜とハーブのお酒

「スタクリシュケス(リトアニアミード)」は大自然を活かした国産の蜂蜜とハーブを原料とするミードと呼ばれる蜂蜜のお酒。リトアニアの国家遺産に指定される伝統的なお酒です。
 

エリザベス2世からの英国王室特許

16世紀のイギリス女王であったエリザベス1世はミード愛飲家として知られ、ハーブやスパイスを用いた"メセグリン"と呼ばれるタイプのミードを好んでいました。ハーブの効果が健康にも有効に働くと言われ、紅茶大国イギリスらしい背景も感じられるメセグリン。同じくハーブを用いてユニークな製法を採用しているリトアニアミード「スタクリシュケス」は、1972年にエリザベス2世によって特許が与えられ「英国王室特許」銘柄となりました。 
 

大自然がもたらすミネラル豊富な水

国土の98%が農地と森林に覆われ、湖の数は4000以上と言われる大自然の国リトアニア。また、隣国ベラルーシを水源に国内を横切ってバルト海まで900km以上を流れるネマン川(リトアニア語ではネムナス川)は有名で、醸造所近くでは天然ミネラルウォーターが湧き出ていてミネラルを豊富に含んだ硬水の水源です。醸造所のあるスタクリシュケス地方もその恩恵を充分に活かし、蜂蜜やハーブのピュアな味わいを引き出しています。
 

甘くて飲みやすいアルコール12%

天然蜂蜜由来の美しい黄金色で国産ハーブを使用した豊かな香り。アルコール12%と飲みやすく、しっかりとした甘みとほのかな酸味が特徴のミード「スタクリシュケス」は少し冷やすことでキリッとした飲み口になり食前酒アペリティフに最適。また、食後のデザートワインとしてアイスクリームやスイーツと一緒に常温で楽しむのもピッタリです。冬場は温めてホットミードの季節。シナモンやクローブを浮かべて好みの香りを楽しむのもミードならではの飲み方と言えます。
 

スイーツ・デザートと好相性

甘みと酸味のバランスが良くデザートやアイスクリームなど甘いものとの相性は抜群。また飲み物としてだけではなく、酸味を活かしてシトラス系の風味付けに代用したり、バニラやミントとの相性を活かしてシャーベット状にしてデザートと合わせるなど、スイーツの新たな選択肢が広がります。
 

ハネムーンの語源になった縁起の良いお酒

中世ヨーロッパでミードは子宝に恵まれると信じられ、新婚夫婦が満月の度にミードを飲んで子作りに励んだという歴史からハネムーン(Honeymoon)の語源になったとも言われるお酒です。現地では結婚式をはじめ縁起の良いお酒としてお祝い事には欠かせない飲み物で、ギフトとしても重宝されています。
 
 

アジア初上陸記念キャンペーン
ページトップへ